入院2日目

◆平成17年11月17日(木) 午前中晴れ、後時々雨
 6時起床。腰や背中が痛んで熟睡できなかった。
 3時40分、小用に起きたが、5時間40分も持ったのは、近年稀な事である。
 朝食は7時半から。食堂で食べる。
 右写真の上が正面玄関側で、談話室で正面に立花山がある。談話室の反対側が食堂になっていて、立花高等学校、朝鮮学校などが見える。
 食堂には、男性4人、女性4人が食事をしていた。朝食の後、部屋に戻りウトウトしていたら、田原医師がこられて、「昨日は遅くまでオペがあったので、説明にこれずすみませんでした。昨日の検査の結果は、異常ありません。あと腸の造影検査が残っているが、出来るだけ早くするようにしましょう。手術は週明けになるでしょう」また「術後2週間で退院できます」とのことであった。
 10時ごろ血圧測定、126/87とほぼ以前のレベルに戻った。
 10月28日(金)、最初に下腹部が痛んで伊藤病院に行ったときは、
210以上あり、驚いたが、その日の午後和白病院では150代に下がっていた。

 栄子と由美子さんが、パソコンを持ってきてくれた。
 談話室で話していたら、食堂で食事をともにした人が、TVカードを買いに来て、休憩していたが、こっちの話を聞いて、自分の体験談を聞かせてくれた。造影撮影はバリウムを飲んだとか・・・・
 栄子たちは、11時半前に帰ったので、入浴した。
 入浴は、大浴場が10階にあり、入浴時間は、男性が10:00~13:00、女性が15:00~18:00、介助浴が13:00~15:00となっており、毎日入浴できる。食堂の上になっており、小山が展望を妨げているが、やはり外が見えることは嬉しい。

 昼食も食堂でとった。顔見知りの人が入ってきた。県庁の先輩である。「3丁目のKさんでしょう」と尋ねたら「そうですが・・・・」とこっちのテーブルによってこられた。それから男性5人で病気自慢が始まった。Kさんは、膀胱癌。尿が真っ赤になったので検査してもらったら膀胱癌と診断され即刻入院(土曜日)、翌日切除。「それにしては点滴がないですね」「今朝外したと」「土曜日に退院してよかていわしゃったばってん、帰っても誰もおらんけん、月曜日までおらしてもらうと」とのこと。
 美和台3丁目の人である。

 同室で向かい側におる人が話しかけてきた。「お宅は、つるた三苫幼稚園の前のマルチメディア研究所のかたですか? 私は、幼稚園の次の角を降りて5差路のところで、4丁目です」「へぇー、病気は?」「胆嚢炎です」「自覚症状は?」「ひどい痛みで背骨の横も痛みます」「胆嚢を取った後は七転八倒の痛みがあると聞いて、覚悟していたが、全然痛みませんでした」まだ日にちが立ってないと見えて、米粒がチラッと見えるようなお粥である。
 「私も4丁目です。駅前の通りの酒屋の先です」という人もいた。
 談話室で話しかけてきた人は、腸の癌だとあっけらかんとしている。
 世の中変わったもんである。九大病院の癌の大家が、癌で亡くなったとき遺言に「癌だったことを人に漏らすな、娘の結婚が難しくなるかも知れないから」とあったという。
 また、有名な高僧が癌と分かって狂ったという話もある。私はこの頃、死に対して、可也卓越した考えを持っており、癌と知って狂った坊さんを軽蔑していた。と、ある高僧が書いた本に「癌で狂い死にするも人生、笑って死ぬも人生、人生とはそんなものだ」とあった。それが今ではどうだろう。自ら癌だと話してけろっとしている。これが本当だろう。
 みんなで自己紹介すると、美和台や三苫の人たちばかりだ。「町内会の寄りのごたるね」みんな大笑いだった。

 2時過ぎだったか、廊下を歩いていると、主治医の田原先生に出会った。「土曜日に造影検査をしよう、手術は木曜日の午前中に予約を入れたから」さらに「土曜日の結果を見て家族で話し合うといいでしょう」とのこと。手術してから2週間後には退院できるからとも言われた。
 大腸の検査をした今田医師から入院して3週間は見ておくようにと、言われシニアネット福岡の大手門教室の水曜日の午前中のQ&A講座、馬出教室の水曜日夕方のデジカメ講座、同夜のおさらい教室、それに金曜日夜のスキルアップ講座を、それぞれ各3回交代してもらっているが、何とかぎりぎりで4回目の交代を頼まなくもよさそうだ。

 3時頃、栄子が時計やTシャツを持ってきてくれた。そのときであった。看護婦さんが、「質問をさせて下さい」とやってきた。その質問とは、
・お名前を言ってください
・住所は
・生年月日は
・年齢は
など、質問表に従っての質問である。
・次に3つ品物の名前を挙げますから、続けて言ってください。「りんご、TV、みかん」
とか、引き算のテストもあった。
・ここの国の名前は
・地方の呼び方は
・ここは何県ですか
・この病院は何と言いますか
・・・・
・・・・
最後に、何か短文を書いてた下さいというので、「今日の天気はくもりです」と書いたら、綺麗な字ですねだって。何だか痴呆症のテストをされているみたいで、可笑しくなってつい噴出してしまった。記念に1枚パチリ。
 就寝前に飲むようにと下剤を渡された。塩気の効いたりんご汁のような飲み物をコップ1杯。「夜中に走るようなことは?」に「朝方行く人が多いようですよ」で、一安心。

e0025356_16275867.jpge0025356_16282182.jpg
[PR]
by mino-ya | 2005-11-19 16:20 | 健康
<< 入院3日目 入院初日 >>