<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

氏八幡神社の大楠

2月15日(日)に宗像市の神社18社を探訪した。
その1つの氏八幡神社の参道に大楠があった。
3枚に分けて撮った写真をワイドにしたら上手くつながったのでご披露しよう。
e0025356_13275218.jpg
宗像市の天然記念物に指定されている大楠
この大楠は樹齢約270年と推定され宗像市で最も古い楠です。
根廻り           7.3メートル
胸高廻り            6メートル
樹 高            35メートル
枝張り 東西         20メートル
     南北        25メートル

 平成4年4日             
         宗像市教育委員会
[PR]
by mino-ya | 2009-02-22 13:22 | 神社

八剣神社

昨日の陽気につられて、遠賀郡水巻町の神社探訪に出かけた。8時半に家を出たが日差しがなく気温は低い。皮の手袋を通して冷気が伝わってくる。何度引き返そうと思ったことか。
山田峠の凍結注意の温度計は4度を示していた。冷たいはずだ。
遠賀川を渡って水巻町に着いたのは9時半だった。JR鹿児島本線水巻駅前の前にある伊豆神社を探訪。次に今日の最大のお目当て八劔(やつるぎ)神社に向かった。
日本武尊が熊襲征伐の折、立屋敷に立ち寄って砧姫と結ばれ祈念に公孫樹(いちょう)を植えたのが八劔神社境内の県指定天然記念物になっている公孫樹だということ。生憎落葉の時期、一寸淋しげな風情であった。

この日本武尊を祀ったのが八劔神社。
一昨年大牟田市の神社を探訪したさい、初めて八劔神社、彌劔神社にお参りした。祭神をインターネットで調べたとき、水巻町の八劔神社と境内の大公孫樹が目に止まり、祭神は日本武尊だと分かった。
日本武尊の話は実話ではなく捏造されたものだとの説もあるが、北部九州や大牟田市に日本武尊を祀った神社が多数あるのは、実話だと思いたくなる。

水巻町の神社9社と、中間町の1社を探訪して帰り着いたのは、16時丁度であった。帰りの気温は13度になっていた。

e0025356_2143512.jpg
八劔神社の神殿の屋根の形が変わっている。
e0025356_2145841.jpg
公孫樹は可也痛んでおりコンクリートを詰めた個所がある。
[PR]
by mino-ya | 2009-02-08 02:24 | 神社

六地蔵

 仏教では、命は六道を転生するという六道輪廻の思想があり、死んだ後、四十九日を過ぎると、六道と呼ばれる地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天の六つの世界のどれかに生まれ変わってくると言われています。お地蔵さんと呼ばれている地蔵菩薩は、六道の全てに姿を現すことのできる唯一の菩薩であり、この六道のすべての生きものを相手に教えを説き、救いの手を差し伸べてくれるのだと信じられています。死んだ肉親・知人たちが、六道のどこに生まれ変わっていようとも、ぜひその人を救って頂けますようにと願って六地蔵が作られました。六体のお地蔵さんには、それぞれ名前がついています。文献によって相違点がありますが、『覚禅鈔』の例を出せば、先に書いた六道の順番で、大定智悲・大徳清浄・大光明・清浄無垢・大清浄・大堅固の各お地蔵さんです。

 日本 では、地蔵菩薩の像を6体並べて祀った「 六地蔵 」像が各地で見られます。これは、仏教の 六道輪廻 の思想(全ての生命は6種の世界に生まれ変わりを繰り返すとする)に基づき、六道のそれぞれを6種の地蔵が救うとする説から生まれたものです。

下にあるような1つの六角柱に刻まれた六地蔵は、佐賀県、長崎県に多いようです。熊本県の八代市でも1つ見つけました。

e0025356_1559502.gif一般的な六地蔵、六体のお地蔵さんが野ざらしで並んでいるところが多い。
e0025356_160943.jpg長崎街道を走ったとき、佐賀県の塩田道で見かけた六地蔵、1つの石に六体の地蔵を彫り込まれています。初めて見たので珍しかったです。長崎街道にはあちらこちらで見かけましたが、塩田道には特に多く一寸数えただけで13個所見つけました。
e0025356_1603770.jpg大村湾1周ウルトラマラソンでスタートの嬉野温泉を尋ねたとき嬉野を散策していたとき見つけた瑞気光寺にあった六地蔵です。
e0025356_1605781.jpg同じく嬉野の長崎街道で見つけた六地蔵です。
e0025356_1611520.jpg 島原には中学1年から高校を卒業するまでいましが、野町の地蔵さんには気付きませんでした。関心がなかったので気がつかなかったのでしょう。平成16年、島高を昭和26年に卒業した仲間の同窓会があったので、帰りに市内を散策して見つけた野町の六地蔵です。

e0025356_1731147.jpg熊本県八代市の悟真寺で河童祭りがあったときに、見つけたものです。背の高い燈籠の燈籠部の下に彫られた六体の地蔵さん。珍しい六地蔵です。
[PR]
by mino-ya | 2009-02-03 16:48