<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

二宮金次郎2

24日(金)、飯塚市の穂波町でZKM(全国健称マラソン会)福岡支部の練習会があった。近くの椋本小学校に、二宮金次郎の像があるというので案内してもらった。
焼き物の等身大の像であった。手にしている本に文字はなかった。

e0025356_9284680.jpge0025356_929312.jpg


今朝の西日本新聞の一面に、作家の猪瀬直樹氏の「二宮金次郎の教訓」共生を前提に”正義”を探れと題して寄稿した文が載っていた。
[PR]
by mino-ya | 2006-11-26 09:39 | 人物

万年風邪

2000年の春のこと、あまりに咳が続くので病院で見てもらった。CTスキャンでも検査してくれたが異常は見つからず、咳止めの薬をもらった。
それ以来咳が止まらず 「あら風邪引いたのですか?」と尋ねられたりするが 「万年風邪です」と答えていた。

今月の初めに、電車の中で20分も咳をし続けてぐったりなった。早速和白病院で見てもらったところ、「肺には問題ないようです。心臓から来ているかも分からないので詳しく検査しましょう」とのこと。咳が心臓と関係あるなんて、全くの驚きだ。

昨年の11月に、S状結腸を除去したが、その際、心臓の検査もしたが、僧帽弁が正常に動いていないことが分かった。心臓弁膜症。また心臓が大きいとも云われた。

心臓がでかいのは現職の頃からで 「何か運動してますか」 「ウルトラマラソンをしてます」「その所為かな・・・」 ということで終わっていた。1999年の夏頃から急に走れなくなったのも弁膜症の悪化によるものと考えると納得できる。
弁膜症の悪化で咳が出だして止まらないのも説明がつく。

9月21日の足の腫れも心臓から来ているかも知れない。心臓肥大は腫れている可能性もあるというので利尿剤をもらったが、尿の出が悪いとあちこちに溜まって腫れるらしい。

来月、精密な検査を受けることになっているが、先生曰く「元気なうちに手術したほうがいいですよ」と。

e0025356_9104297.jpg


樹脂製の弁か、生体弁(牛や豚の心臓の一部)と取り替えると心臓としては、生涯大丈夫だそな。
年が明けたら早い時期に弁の交換をしてもらおうと考えている。
[PR]
by mino-ya | 2006-11-26 04:02 | 健康

デジカメの画像が消えた

先日ある会合に出席してデジカメで写真を撮ってきた。
帰宅後、カメラからメモリーを取り出してパソコンに挿入、画像処理ソフト(Microsoft Office Picture manager)で、自動修正をかけ、続けて大半を修正して、赤ばつで画面を閉じた。
何時ものように、「変更が保存されていません。保存しますか」と聞いてきたので、「上書き保存」をして、確認のためそのカードメモリーの「上書き保存」した画像が真っ白になっていた。こっちは顔が真っ青!
CDやメモリーの消えたデータを復活させるソフトがあるとは聞いていたが・・・・

行きつけのカメラ店に持ち込んで事情を話し何とかならないかと頼み込んだら「やってみなければ分からないが・・・」 「いくら位かかるの?」 「結構高いですよ。2万円くらいは」 一寸考えて「じぁ頼みます」 「2週間程度かかります」 とメモリーカードを預けてきた。
何万出しても復元したい大事な写真が30枚・・・・「神様、仏様」と思わず手を合せた。
[PR]
by mino-ya | 2006-11-04 13:33 | 人物