八剣神社

昨日の陽気につられて、遠賀郡水巻町の神社探訪に出かけた。8時半に家を出たが日差しがなく気温は低い。皮の手袋を通して冷気が伝わってくる。何度引き返そうと思ったことか。
山田峠の凍結注意の温度計は4度を示していた。冷たいはずだ。
遠賀川を渡って水巻町に着いたのは9時半だった。JR鹿児島本線水巻駅前の前にある伊豆神社を探訪。次に今日の最大のお目当て八劔(やつるぎ)神社に向かった。
日本武尊が熊襲征伐の折、立屋敷に立ち寄って砧姫と結ばれ祈念に公孫樹(いちょう)を植えたのが八劔神社境内の県指定天然記念物になっている公孫樹だということ。生憎落葉の時期、一寸淋しげな風情であった。

この日本武尊を祀ったのが八劔神社。
一昨年大牟田市の神社を探訪したさい、初めて八劔神社、彌劔神社にお参りした。祭神をインターネットで調べたとき、水巻町の八劔神社と境内の大公孫樹が目に止まり、祭神は日本武尊だと分かった。
日本武尊の話は実話ではなく捏造されたものだとの説もあるが、北部九州や大牟田市に日本武尊を祀った神社が多数あるのは、実話だと思いたくなる。

水巻町の神社9社と、中間町の1社を探訪して帰り着いたのは、16時丁度であった。帰りの気温は13度になっていた。

e0025356_2143512.jpg
八劔神社の神殿の屋根の形が変わっている。
e0025356_2145841.jpg
公孫樹は可也痛んでおりコンクリートを詰めた個所がある。
[PR]
by mino-ya | 2009-02-08 02:24 | 神社
<< 氏八幡神社の大楠 六地蔵 >>